サクラグラフィカ 櫻井 志恵(グラフィックデザイナー&イラストレーター)の潜水泳ぎ的な生活...
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最近見逃した展覧会 | main | 強さと美しさ >>
自分を棚に上げてもの申す。
急遽、他の代理店でやっていた仕事がクライアント様からの「助けて!」コールでこちらにお鉢が回って来た。とっても急ぎだったりして。きついです、Iさん!(笑)
途中まで他社が作ったデザインが何度やり直してもらってもしっくりこないらしい。
本来は他社のほぼ最終までさしかかったデザインの直しを請け負うなんて同業者を敵に回すようで気が引けるんだけど...
その媒体に連動したものも作らせていただいていたのと、私を信頼しての依頼なので受けてしまったけど。先方から結局途中までのデータをもらうことになり、届いたデータをみると裁ちからなんでこんなギリギリの所に本文のレイアウトしてるんだろう?とか、データの作りが変だったり細かい事をあげればきりがないけど本当にプロですか?疑いたくなる出来。ちょっと辛かった。若干いらっときた
新人デザイナーならともかく30過ぎのデザイナーの仕事がこれですか。
こういう説教じみた事を言うと『年寄り』扱いされそうだけど、前の会社にいた時にこんなデザインをクライアントに提出するなんてあり得なかったと思う。そういうプライドを持って仕事をしている会社でしごかれたおかげで、私は少しはマシなデザイナーになれた様な気がするが。そう思っているのは自分だけ?
やっつけ仕事がばればれなものは、クライアントにもバレると思うわけです。
フリーだとそういうことが顕著に結果となって現れると思うので心して仕事せねば。
誰のせいにもできないですもんね。
偉そうに色々書きましたが一応今回の仕事はOK頂いてほっとしてます。


そんなわけで色々他方面にご迷惑おかけしております。はやく、あれもこれも、それもやらなくては!そして確定申告また手をつけてない!(←まだ言ってる)

COMMENT









Trackback URL
http://blog.sakuragraphica.com/trackback/323627
TRACKBACK