サクラグラフィカ 櫻井 志恵(グラフィックデザイナー&イラストレーター)の潜水泳ぎ的な生活...
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春風とともに。 | main | 桜咲く。懐かしい方からの電話。 >>
KARAKUSAの森へ

昨日、最終日を目前にHOUSE OF SHISEIDOで開催されている「KARAKUSAの森/トード・ボーンチェ、唐草と出会う」を観てきました。(本日最終日)
ネットやショップでライトや食器などを見て興味があったプトダクトデザイナー。
彼(実はずっと女性のデザイナーだと思っていた...)の作品が一カ所に集められ、展示されている機会はあまりないと思うので観に行って良かった。SHISEIDOの唐草の過去の作品も一緒に観る事ができたし。
私がやりたい様な事を形に実現してくれている素敵な作品ばかりだ。
HOUSE OF SHISEIDOで、販売はしていないけど、実際にみると欲しくなる!めちゃくちゃ高いものではないので、もしその場で売ってたら、いくつも買ってしまいそう。実際、ネットで調べて、お金もないのに、また欲しくなって危険なので、ちょっと頭を冷やしておこうと思う。
ワタシも見に行ったよ〜。意外と若いんだよね。彼。
よくインテリアショップで売ってる、あの間仕切り?
3種類くらいパターンがあるんだね。知らなかった。。。
でも、かわいいよね〜、というか緻密すぎて、感動するよねー。
一度、我が家にも買っても良いというお許しが出たんだけど、
わたしには、荷が重すぎて、断念したの。
ほら、掃除をどうしようかと。。。ホコリとか。。。
ながと | 2006/03/20 08:57
そうそう!あれ、掃除の事考えると断念するね(笑)
ライトのカバーとか。
でもあんなのお部屋にあったらステキですよ。
キャンドルフォルダーだったらお手入れの心配ないし、いいかも。
(うちはキャンドルでしっとりする様な感じじゃないから買わないけどさ)
彼の年齢は私達の一つ下でした...。
sakura graphica | 2006/03/20 11:23
COMMENT









Trackback URL
http://blog.sakuragraphica.com/trackback/343259
TRACKBACK