サクラグラフィカ 櫻井 志恵(グラフィックデザイナー&イラストレーター)の潜水泳ぎ的な生活...
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏休みの予定は... | main | ランチで納涼会 >>
若沖と江戸絵画展

ずっと行こうと思っていたプライスコレクション「若冲と江戸絵画」展へ。行こうと思っているうちに雑誌やTVでバンバン紹介されていたのでかなり混んでるという噂。
金曜は夜遅くまでやっているので少しは空いてるかなと思い...甘かった!
鳥獣花木図屏風は目玉のようなので人も群がっていて全体像はゆったりと観られなかったのだけれどもあの時代にこんな技法で描くアイデアには驚かされます。現物は迫力ありますね。
今回面白かったのはやはり特別展示でしょう。舞台に使われるような照明装置を使い、 「自然光のように変化し作品に表情を与える陰影ある光」を演出、銀箔や金箔が光によってがらっと表情を変える様に惹き込まれました。行灯の光や日本家屋のやわらかい光の射す部屋で観る屏風はこんな感じかな、などど思いを馳せながら観てきました。

◎プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展/8月27日(日)まで
COMMENT









Trackback URL
http://blog.sakuragraphica.com/trackback/436135
TRACKBACK
「若冲と江戸絵画展」 8月13日20時07分 東京国立博物館で開催している 「若冲と江戸絵画」を観る。 伊藤若冲の作品を中心に江戸時代の 掛け軸や屏風の絵が展示されている。 6章構成で 真ん中の3章目に伊藤若冲の作品をもってきている。 掛け軸の水
「アート DE すりる!」Vol.3 | CHEAP THRILL | 2006/08/23 18:53