サクラグラフィカ 櫻井 志恵(グラフィックデザイナー&イラストレーター)の潜水泳ぎ的な生活...
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歌舞伎展オリジナルノート完成♪ | main | 師走の芸術観賞 >>
「drop」色のしずくに囲まれて...
今日は色々収穫のあった日。
仕事がちょこっと一段落したタイミングで益子の陶芸家の友人が東京に来ていたので一緒にランチ。毎度ながら彼女の作家としてのこだわりや生真面目さには頭が下がる。
私がいちいち話の腰を折り、技法について説明を求めてもバンバン答えが返って来て頼もしい...というか私もいいかげんWEBショップで扱っているんだからもっと勉強しないとね。
彼女からオススメの版画家がいるというので本屋でその本を教えてもらう。金井田 英津子さんという方で恥ずかしながら初めて金井田さんの挿画を見てファンに。本屋で思わずメモメモ。オススメの本「冥途」がなかったので今度見つけて購入しようと思う。
友人と別れて今日最終日のイラストレーター国分チエミさんの個展へ。
著名な本のカバーイラストなどで活躍されていて、頻繁にサイトを拝見しているイラストレーターさんの一人です。原画を拝見できるチャンス!WEB上でみるともしかしてCGと併用してるのかな、と思っていたのですがアクリルを何層にも重ねていて全て手描きだそう。原画と印刷物と比べるとやっぱり繊細な色が再現されていないものもありましたが、どんなものでもこの丁寧な仕事ぶりがビジビジ伝わって来てお人柄がうかがえます。毎月レギュラーで沢山お仕事されているようですのになぜこんなに手が込んでいるんだっ!かなり画面に近づいてみたのですが近づいても全く粗が見えませんでした。いや〜イラストレーターの仕事とはこういうものなのか!とかなり自分の甘さに嫌気がさす。前に牧野千穂さんの原画展見た時もこんな気持ちになった気が...。
原画展を拝見する度思うのですが、やはり手描きの味や強さは、CGとは比べものにならない気がする。イラストレーターのスタイルにもよると思うけどね。私はベースは手描きで仕上げはCGなんだけど、なんとなく薄っぺらい印象が否めなくて未だに自分の技法に自信がもてない。一度初心に戻ってCG使わずに仕上げてみようかな。
国分チエミさん、ワタシも大好き☆
実は、国分さん、前の会社の同僚の友人で、
何度か個展にも足を運びましたが、
原画を見ると、ホントに感動するよねー。そして凹む(笑)
友人は、国分さんの原画を購入して、部屋に飾ってるんだけど、
すっごく、羨ましい〜!真剣に欲しいよ!
yuri | 2006/11/16 00:47
yuriさま>
お知り合いだったのですね!!国分さんがいらしたのですがお仕事の依頼の打合せなどされていてその場でもお忙しそうでした。でも打合せ途中なのに私が出ようとしたらわざわざ挨拶に立たれてとても感じのよい素敵な方でした。版画(リト?)は販売されてましたね。でもやっぱり原画の方がいいよね。印刷に出ないパールで描かれたところもあってステキでした。一枚描くのにどのくらい日にちがかかるのかな...
sakura graphica | 2006/11/16 11:25
COMMENT









Trackback URL
http://blog.sakuragraphica.com/trackback/479093
TRACKBACK